騰がったものは必ず下がる!下がったものは必ず騰がる!

中国株市場の急落は、この格言に忠実に従った動きで、とても自然です。PERが80倍という信じられない株価になっていた中国人寿保険が-6.84%の急落となったほか、最近急騰していた中国人民財産保険も-4.59%、平安保険が-4.28%と、保険銘柄が軒並み大きく下落しています。

保険業というのは、被保険者から集めた資金を株式市場や不動産などに投資し、その運用利回りを保険の支払いに当てるというビジネスモデルですから、株式市場の下落は他の銘柄以上に効きます。

ですから、常識的な株価に調整している過程だと理解し、その値動きの推移を見守りたいと思います。株式ランキング

ところで、香港H株市場は心理的な抵抗線10000ポイントを大きく割り込み、9649ポイントで取引を終えました。どのへんで下げ止まるかは神のみぞ知る世界ですが、この3〜4月にかけての第三波動的な大相場を期待している私としては、今年最初の買い場が来た感じがしています。

私的にはまだ1銘柄も保有していない保険・銀行銘柄を仕込みたいところですが、もう少し下落するのを待っていたいと思います。きっと怖くなって、狼狽売りする投資家が増えるかもしれませんから。

投資はみんなが売りたがっているときに買い、みんなが買いたがっているときに売るという、反対の行動が鉄則です。

その意味では、いよいよ面白くなってきました。株式ランキング

ところで、私の保有銘柄ですが、含み益は490万円。投資利回りは60パーセントという状態です。まずまずですね。急落したら、将来の優良銘柄をゲットして、急騰相場に備えたいと思っています。

さて、仕込み候補はどの銘柄か?こんなに多くの銘柄が急落していると、目移りしてしまいますね。ゲットしたら、またお知らせいたします。乞うご期待くださいね。

株式ランキングは日本株ブログが上位を独占しています。中国株ブログにも応援のランキングクリックをお願いしますね!

中国株投資の3点セット!中国株情報が充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。なんといっても見やすいのが気に入っています。

中国株二季報2007年春号」の今回の特集は、「高成長続ける中国経済〜軟着陸への道と投資戦略」。上場企業インタビュー「中国国際航空」「パークソン」「華能国際電力」。そのほか盛りだくさんです。

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に12月の中国株損益を掲載しました。ご関心のある方はご覧ください。

NEWS!中国株二季報2007年春号の販売が始まりました!

中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのQさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株投資というのは、グローバルな視点で市場を見る目が必要です。私の外国為替証拠金取引(FX)を実践して、そうした目を相当養いました。

当ブログのランキング!  を確認してね!素敵なサイトはこちらです!

中国株の第一人戸松信博が中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!詳細は今すぐ こちらをクリック!