株価の上昇に不可欠な現象。それは調整です。上昇した銘柄を利食いし、その資金を出遅れている銘柄に再投資する。こういう動きの過程で、利食い局面は必ず訪れます。株式ランキング

ですから、私は程よい調整は次のステップに向けたエネルギー蓄積の局面と考えています。それでは、先週、中国株市場で進んだ調整は、どうなのか?

ひとつだけ言えるのは、全体の指数を押し上げてきた原動力だった金融・保険が下落する一方で、中小銘柄はしっかりと株価を上昇させているということです。その意味で、私はエネルギー蓄積過程と判断しています。

1月調整、2〜4月上旬は上昇というのが、私の相場ストーリーです。ですから、1月の調整がどの程度で終わるのか、その一点に私は注目しています。

香港H株は9000ポイント台をキープするのか、8000ポイントまで下落するのか、それとも7000ポイントか・・・・株式ランキング

いずれにしても、私の中では全く気になりません。20〜30パーセント程度の騰落で驚くようでは長期投資家はやっていられません。まあ、ゆっくり、いきましょう。

ところで、私の保有銘柄ですが、含み益は+508万円。投資利回りは60パーセントを超えています。詳しくは本家サイトのコラム「独り言」をご覧ください。

株式ランキングは日本株ブログが上位を独占しています。中国株ブログにも応援のランキングクリックをお願いしますね!

中国株投資の3点セット!中国株情報が充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。なんといっても見やすいのが気に入っています。

中国株二季報2007年春号」の今回の特集は、「高成長続ける中国経済〜軟着陸への道と投資戦略」。上場企業インタビュー「中国国際航空」「パークソン」「華能国際電力」。そのほか盛りだくさんです。

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に12月の中国株損益を掲載しました。ご関心のある方はご覧ください。

NEWS!中国株二季報2007年春号の販売が始まりました!

中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのQさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株投資というのは、グローバルな視点で市場を見る目が必要です。私の外国為替証拠金取引(FX)を実践して、そうした目を相当養いました。

当ブログのランキング!  を確認してね!素敵なサイトはこちらです!

中国株の第一人戸松信博が中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!詳細は今すぐ こちらをクリック!