利上げ

インフレに為替政策で対応か?

きょうの中国株は香港も本土も下落して、今週の取引を終えました。

今年前半はこうした膠着相場が続くのでしょうね。北京五輪が終了したころ、サプライズを発表し、株価下落を防いで、年末の大相場に流れていくというのが、私が描く、今年のストーリーです。

もちろん、根拠なき空想ですから真に受けないでくださいね。

かねてから私は中国がインフレ退治するには金利政策で対応するのは極めて危険で、最終的には為替政策で対応するという王道を歩むべきだと申し上げてきました。

為替政策で対応というのは、人民元を切り上げ(変動幅を拡大)、国内に流入する外貨が人民元に転化する量を減らすことがマネーのジャブジャブ感を減少させ、インフレ懸念を軽減するというものです。

もちろん、中国当局も、こんなことは百も承知だと思います。しかし、こうした為替政策は輸出企業の価格競争力を弱めますから、当局も自国企業を保護する立場から慎重でした。→株式ランキング

しかし、今年はもしかしたら大きく舵を切るかもしれません。

私がFX投資で参考にしている為替情報サイト・クルークに中国人民銀行のコメントが本日午後6時すぎに掲載されました。

そのコメントは、インフレ抑制の為に金利を利用するのは慎重に行なう必要があるとし、中国は今年、為替相場の柔軟性を高めると語ったそうです。

しかも、「中国企業は為替変動に予想以上にうまく対応している」という認識を示していて、そろそろ人民元を切り上げても自国企業は対応できるという自信を高めているのではないかと察します。詳しくはクルークをお読みください。

こうした人民銀行の見解を受けて、週明けの為替相場は人民元がさらに上昇するのかどうか。為替で人民元が上昇すれば、株式市場も人民元高を意識した動きが始まるかもしれません。→株式ランキング

人民元高の際に上昇する銘柄は、過去に何度も書きましたので、いまさら書きませんが、いずれにしても長期的展望に立つと、やはりジムロジャースが言うように人民元資産は増えるのでしょうね。

ですから、中国株投資は一時的な株価低迷に一喜一憂せずに大局的なセンスで臨みたいと思います。

FX投資の実践記録はど素人の外為日記をご覧ください。→株式ランキング

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」1月の損益を更新しました。ご興味のある方はそちらをご覧くださいね。

今年、北京五輪が開催されるなど人民元に注目が集まるかもしれません。しかも、各国から切り上げ要求の強い人民元は、2008年も上昇期待の強い通貨になりそうです。その人民元に直接投資したい気持ちにも駆られますが、国内に居ながらにして可能な方法があります。

それは外国為替証拠金取引(FX)で人民元に投資する方法です。しかし、人民元を扱っているFX会社は意外に少ないのが実情で、レバレッジを約1倍から200倍まで7種類選択できるかざか証券は、その意味では希少な存在です。

この証券会社はつい最近まで社名を「ライブドア証券」と称していました。この名前だったら、ご存知の方も多いと思います。しかし、例の事件以降、社名も変えて再出発している会社ですが、入金額5万円から取引できるなど、サービス内容は充実しています。

中国株だけでなく、人民元投資に関心のある方はかざか証券で研究してみてくださいね。

注目!】為替相場で稼ぐ外国為替証拠金取引(FX)は、世界のマネーの流れを観察するには、とても勉強になる投資分野です。為替変動で儲けるだけではなく、資源国通貨などで高金利収入を毎日稼ぐのも楽しいものです。しかも、2007年後半、取引手数料を無料にするFX業者が続出しています。

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

大注目!】先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ中国株二季報・春号。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、中国株二季報・春号であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国の利上げは相場にマイナスか?

きのう、中国・香港株が大幅に上昇し、今週も素晴らしいブル相場で取引を終えたんだなと思っていたら、夜になって中国人民銀行が利上げを発表しました。

15日から1年物の定期預金金利と貸し出し金利が0.27%引き上げ。普通預金は0.81%に据え置き。これで中国の利上げは今年5度目になります。

12日の日記「中国株は期待できる!」で、中国当局がいま一番心配しているのはインフレ。ですから、年内に利上げするのではないかと書きましたが、あれから2日後の利上げとなりました。

昨日の利上げは市場が閉じてから発表されましたので、週明けの相場は、今回の利上げ実施で、どういう反応をするのか注目です。

通常、利上げは景気冷え込み観測から株安要因です。それでは、今回の利上げで売りが殺到するのか?→株式ランキング

私の予想はノーです。灰汁抜きになったというか、「これでしばらくは利上げが遠ざかった」と市場は見るのではないでしょうか。したがって、株価はむしろ週末のNY市場が小幅上昇で取引を終えたことに着目して上昇するかもしれません。そのくらい、いまの中国・香港市場は強気です。

ところで、中国当局が気にかけている物価上昇ですが、一方で中国国民の収入も大幅に伸びています。

サーチナによると、2007年上半期の農民現金収入は前年同期比13.3%増で2111元。1995年以来最も速い伸びだったそうです。

都市部も収入は急激に伸びていますから、物価の上昇だけに着目すると、いまの中国の人々の空気を見誤る可能性があります。

つい最近の日本でも、あのバブル期は物価や地価が恐ろしいほど上昇しましたが、なぜか不安感はありませんでした。むしろ、みんながプラス志向というか、「ジャパン アズ ナンバーワン」という空気のなか、希望に満ち満ちた将来を展望したものです。

ましてや、いまの中国は、バブル期の日本とは異なり、まだまだ生産と消費の潜在的可能性を秘めています。→株式ランキング

というわけで、月曜日の相場が楽しみです。

かりに株価が下落しても、一時的な現象に感じられるほど、いまの中国株は安定感を感じますから、まさにホルダーにとっては楽しい日々が続きそうです。

きょうは3連休の初日なので、前向きな話に終始させていただきました。くれぐれも真に受けないでくださいね。

参考になった方は→株式ランキング

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」で、8月の損益を更新しました。ご興味のある方はそちらをご覧くださいね。

注目!】ところで、ダイナミックな動きを展開しているのが、外国為替市場です。ドル円は113円台前半まで急落し、私は現在、外国為替証拠金取引(FX)でドル円のバーゲンセールで仕込み中です。

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

告知】先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ中国株二季報・夏秋号。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、中国株二季報・夏秋号であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

興味深い中国の利上げと利息税引き下げ

この週末、中国当局が粋な金融・財政政策を打ち出しました。

まずは、最近、噂されていた利上げです。→株式ランキング

中国人民銀行が20日、預金と貸出の基準金利を引き上げると発表。1年物の定期預金金利が+0.27%の3.33%、貸出金利も+0.27%の6.84%となります。いずれも21日付けで実施。また、普通預金の金利も+0.09%の0.81%。(中国人民銀行サイトより)

これはインフレ懸念に対応した措置ですが、次に紹介する利息税の引き下げが面白いです。

まずはサーチナは、以下のように伝えています。→株式ランキング

中国政府は8月15日から利息税の税率を現行の20%から5%に引き下げることを決定した。国民所得を相対的に向上させて、消費を活性化させることが目的。内需拡大が叫ばれて久しいが、その具体策の一つともいえる。

内需拡大のための減税措置ですが、いよいよ中国当局は内需拡大に向けた政策誘導を始めました。これは輸出主導の経済発展から内需主導の経済発展に舵を切る政策の一環でしょうね。→株式ランキング

その意味では、中国政府は輸出主導で円安が頼りの日本経済の弱点を反面教師にしているともいえます。日本の場合、円が強くなると(円高)、企業が為替差益が減少し、株価が急落するというリスクがあるため、自国通貨を強化できないという自己矛盾に陥っています。

一方、中国は今後、国際社会からより一層の人民元の切り上げを求められます。ですから、早急に人民元高でも耐えられる内需主導の経済システムと内需型企業の育成や人民元高でも株価が下落しない株式相場を形成しようとしているのかもしれません。→株式ランキング

その意味では、今回の利上げと利息税の引き下げという、アメとムチ両方の金融・財政政策を打ち出したのは、非常に巧みですね。

さて、週明けの株式市場は、どういう反応を示すのか、注目されます。

週末のNY株式市場が大幅に下落したので、中国・香港市場は目先、売り先行かもしれませんが、利上げという悪材料が消化され、一方で利息税の引き下げという消費には好材料が示されたことで、ちょっと面白い展開になりそうです。

というわけで、私の消費関連銘柄を確かめてみました。→株式ランキング

テレビショッピングで大化け期待の中国七星購物、家電量販店の中国版コジマ電器の国美電器、民族系自動車メーカーの吉利汽車などが消費関連銘柄です。

ところで、私の保有株の中から、とうとう10倍株が誕生しました!本日、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」で保有銘柄の損益を更新しましたので、ご興味のある方はそちらをご覧くださいね。→株式ランキング

私の保有銘柄や損益は本家サイト「ど素人の投資ドットコム」で確認してくださいね。

中国株も凄いですが、外貨投資も凄いです!外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して165万円の含み益、利回りは500%以上。FXは投資を始めて1年ほどで500%の利回りですから、これはアンガンや万科企業に匹敵する好調さです。→株式ランキング

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ中国株二季報・夏秋号。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、中国株二季報・夏秋号であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国が人民元の変動幅拡大と利上げを同時発表!

中国人民銀行が、なかなか粋なことを発表しました。→株式ランキング

それは「人民元の対ドルの変動幅拡大」と「利上げ」です。中国国内に溢れている通貨量を抑制し、一方で投機的な動きを抑えようという金融政策です。

具体的には、/楊姥気梁丱疋襪諒册杏は1日当たり0.5%に拡大。変動幅拡大は5月21日から実施。1年物の基準貸出金利を0.18%引き上げる。 M其盻猗率も11.5%に引き上げる。

人民元の変動幅拡大は2005年7月以来、約2年ぶりのことです。中国人民銀行の利上げは2006年4月27日から4度目。今年3月以来となります。また、預金準備率の引き上げは2006年6月から8度目。今年に入って5度目となります。

変動幅拡大は、事実上の人民元切り上げといえます。国内に流入するドルが人民元となって国内に溢れる度合いを縮小する措置で、国内でジャブジャブしているマネーを抑制し、異常なバブルを押さえ込む最終兵器ともいえます。→株式ランキング

中国当局は「人民元を基本的に均衡のとれた水準で安定させる」「人民元相場の柔軟性を拡大する」としており、市場では週末のG8直前に人民元柔軟化に向けた政策をアピールしたいという見方が出ています。

世界に中国の為替相場に対する柔軟性をアピールでき、一方で国内のインフレ懸念を抑制できるわけですから、今回の措置は評価したいと思います。

一方、1年物の基準貸出金利を0.18%引き上げるという措置は、大幅な利上げではなさそうなので、どこかの国が実施したバブル退治をしようとして自国の経済まで退治してしまった愚は踏襲しないという意思を感じます。→株式ランキング

やはり、いまの中国の場合、バブル退治は利上げではなく、人民元切り上げが王道だということを中国当局も分かっているのでしょうね。

こうした金融政策の巧みさを見ていると、安心して中国株投資を続けられるという思いを新たにします。→株式ランキング

週明けの株式相場が楽しみですが、米国が動揺しなければ、中国株は悪材料を消化したとして上昇する可能性があります。

一方、追加措置観測が流れたり、今夜の米国市場が下落すると、中国株市場は売り優勢かもしれませんね。

現在(日本時間夜8時)の米国の株価先物指数はむしろ上昇しています。さあ、金曜深夜のNY株式市場は楽しみです。

まあ、どちらにしても、私は来年の北京五輪まで中国株ドラマが続くとみていますので、慌てず、「急落したら買い」「上昇したら放置」といった具合に、ゆっくりと放置投資を楽しみたいと思います。

参考になった方は→株式ランキング

最近の投資実績は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載しましたので、ご関心のある方はご覧になってください。→ランキング

ところで、中国株も凄いですが、私がもうひとつ実践している外貨投資も凄いです!1年間で投資利回り3倍という状況です。外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して133万円の含み益、利回りは429%。FXは投資を始めて1年ほどで400%の利回りですから、これはアンガンや万科企業をはるかに上回る投資利回りです。

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株は利上げを織り込んだのか?

来月にも当局の引き締めがあるかもしれないと噂されているのに、中国株は絶好調相場を続けています。なぜ、これほど株価が上昇しているのか?

招財の大型コラムによると、買い意欲が旺盛な理由として、0.27%程度の利上げを織り込んでいること足元の企業業績好調が伝えられていること9畊岨埔譴乏こ飴餠發領入が加速していることに榲攣埔譴妨朕優泪諭爾領入が加速していること――などが要因と解説しています。

その適否は別として、現在の相場はまさに近年にないブル(強気)相場かもしれません。しかも、招財は「利上げが発表されれば本土、香港ともに一旦は売られるものの、短期的な調整を経た後は再び力強い上昇トレンドを取り戻すというのがコンセンサスとなりつつあります」とまで指摘しています。

ただ、私の投資戦略は買いは下落相場、売りは上昇相場と明確に分けることにしているので、現在は一部銘柄を売ることに専念しています。ただ、いますぐにも買いたい銘柄もちらほら出始めているのも事実です。

こういうときは本当に悩みます。しかし、いまは含み益を700万円以上抱えていながら、買うべきかどうかという悩みなので、いよいよ中国株投資が本格的に面白くなってきました。

中国株は700万円程度の投資に対して、700万円程度の利益なので、投資利回りは100パーセントを突破しました。しかし、上には上があるものです。私が実践している外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して123万円の含み益、利回りは399%となっています。FXは投資を始めて1年ほどで400%の利回りですから、これはアンガンや万科企業をはるかに上回る投資利回りです。

投資実績と感想は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載していますので、ご関心のある方はご覧になってください。→ランキング

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株市場は今週が正念場!

2004年春に中国株を手始めに投資を始めて以来、ちょうど丸3年になりました。そして、中国株に加えて外国為替も投資分野に加え、双方で、ようやく投資資産が倍増しました。→ランキング

私のようなヘボな投資家でも資産を倍増させることができた要因は、|羚餝瑤紡个垢訐こΔ離泪諭爾領入が予想以上に大きかった円を売って高金利通貨を買って運用するという流れが日本のFX投資家だけでなくヘッジファンドにも広がったC羚餝瑤皸拌悗皺射郢だけの買いに限定した・・・・

こんなことが要因だったと自己分析しています。こうした投資実績やその感想は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載していますので、ご関心のある方はご覧になってください。→ランキング

さて、きょうは、少し大げさなタイトルをつけました。「中国市場は今週が正念場!」です。本当はもっと大げさなタイトルにしようと思ったのですが、やめました。幻のタイトルは「今週の相場は2007年の方向を決める」です。

そのくらい、今週の中国株市場には注目したいと思います。中国本土市場は5月1日(火)から7日(月)まで、労働節で休場となります。また、香港市場も5月1日(火)は休場です。この労働者の祭典の時期は、旅行などに民族の大移動が始まりますので、以前はこの前に株を売って現金に代える中国人も多いと言われました。→ランキング

もちろん、いまもそうなのかもしれませんが、最近の中国株の特徴として、長期休暇前には下落ではなく上昇することもあるということです。今年2月の旧正月前は、どんどん株価が上昇したのは記憶に新しいところです。

果たして、この1週間はどうなるのか?→ランキング

気になるのは、最近、中国のGDPが強めになっていて、当局も景気の過熱感を注視しているということです。ですから、利上げ懸念が台頭しがちな1週間になるかもしれませんが、それでも急騰するようなことがあれば、いまの中国株の足腰は相当な強さといえるのかもしれません。

むしろ、当局の人民元の切り上げを要求するような相場が来たら、これはこれで面白いのですが、政策市と呼ばれ続けた中国株市場にそこまでの気骨はないでしょうね。→ランキング

とにかく、この1週間は楽しみです。→素敵なサイトはこちらです!

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株も為替相場に引きずられている?

中国株市場は、景気過熱に伴う引き締め懸念が再燃し、きょうは各市場とも大幅に下落しました。しかし、最近の相場を見ていると、円高が進むと株式市場も下落するという循環が生まれつつあります。

ですから、円高→日米株式市場の下落→欧米勢の中国株売りという循環を意識した投資が必要かもしれません。その意味では、中国株は中国株だけを見ていては大局観を欠くことになりかねません。→株式ランキング

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「円が上昇してドルが下落すると株安。円安ドル高だと株高」というパターンが定着しています。ですから、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)双方をにらみながらの投資は、現状では相性の良い投資ペアになっています。

ちなみに、私のFX投資は毎日金利を稼ぐ長期投資タイプ。31万円の投資で利回りは370%を突破しました。詳しくは、「ど素人の外為日記」に譲りますが、ご関心のある方はご参照ください。→株式ランキング

さて、私の中国株投資ですが、一部銘柄で、上昇時は売り、下落時は買いという、スイング投資を実践しています。自分の中では、一生手放すことはない超長期投資用銘柄、5〜10年単位で保有する長期投資銘柄、2〜3年で売却するスイング投資銘柄にわけて考えています。

ただ、せっかく投資を実践するのなら、買価の2倍、3倍は当たりまえ、5〜10倍という成長株に出会いたいものです。ですから、私は投資銘柄は多めにして、宝くじを引き当てる方法を実践しています。

ちなみに、昨年10月に購入し、まだ6ヶ月ほどで、最も投資成績の悪い銘柄がチャイナ・レアアース(0769)で+24%。逆に、最も成長したのが、中国光大国際(0257)で105%。つまり、2倍以上となっています。

ただ、きょうの急落相場で唯一上昇したのは、最も成績の悪いチャイナ・レアアース。騰落率+4.17%でした。→株式ランキング

さて、今回の急落相場は一時的な調整なのか?それとも急落相場の入り口なのか?私は急落相場が本格化したら、全力買い。一時的な調整なら、じっとホールドで臨みます。

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」では中国株損益や総合収支を更新しました。世界同時株安で大幅に含み益を減らした私のポートフォリオがどこまで回復したのか?ご興味のある方はご覧になってくださいね。素敵なサイトはこちら!

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国人民銀行が利上げ!どうなる株式市場

噂はありましたが、とうとう中国人民銀行(中央銀行)が利上げを発表しました。上げ幅は貸出期間1年以上が0.27%。18日から実施します。利上げは昨年8月19日以来、7ヶ月ぶりになります。

今回の利上げのポイントは2点あります。→株式ランキング

当局が銀行融資の急増を懸念し、物価上昇を抑える意思を示した。                                         当局が株価への影響を心配し、利上げ幅を小さくした。

この2つから、中国当局の心情が示唆されています。「投資の過熱や物価上昇は阻止したいが、株価市場は過度に冷やしたくない」ということでしょう。

私たち中国株投資家にとって、気になるのが株式市場の受け止めです。

投資の過熱感を懸念して、売り優勢になるのか?それとも、利上げという悪材料が出たことで買い相場と見るのか?

それでは、今後の悪材料と好材料を並べてみましょう。

まずは悪材料から。→株式ランキング

_畴気味の投資の反動懸念。                            ⇒上げ幅が小さいことから、再利上げ懸念。                   J胴颪離汽屮廛薀ぅ燹平用力の低い)ローンの焦げ付き。               だこεに投資家の警戒感が消えていない。                    ザ睛三き締めの影響が読みきれない。                                       

次に好材料。→株式ランキング

〕上げ実施で利上げ心配相場は遠のいた。                   現在、企業の決算発表が続いており、好決算が期待される。         C羚馘局が株価の下落を望んでいない。                     た楊姥気諒册杏拡大(事実上の切り上げ)による高騰期待。                         イ覆鵑箸い辰討睛菁は北京五輪。

ほかにもありますが、分かりやすい材料はこんなところでしょうか。

あとは個々の投資家が買いか売りか判断するだけですね。まあ、私はお気楽な長期投資家ですから、先行き懸念で売るようなことはしません。売るときは、市場全体が買いたいオーラに包まれたときだけです。

それまでは、「すべて紙切れになるまではホールド」ぐらいの気持ちで投資に望んでいます。

ところで、今回の利上げは人民元の上昇を招く可能性があります。海外からの資金がさらに中国国内に流入し、ますます国内のマネーがジャブジャブする可能性があります。ですから、それを阻止するには、小手先の方法ではもはや無理。人民元の変動幅拡大も待ったなし状態だと思います。

マクロ経済的には、そう考えて舵取りするのが定石だと思うのですが、果たして中国当局はどうするのか?ちょっと、楽しみに見ていたいと思います。→株式ランキング

先日も書きましたが、長期投資家はやはり原点に返って配当利回りにも注意を払うことが大切です。売られすぎの銘柄を探すのも楽しいものです。それには、何といっても、中国株投資家のバイブル「中国株二季報」を手元において株価をサーフィンするのが最も効率的です。

先日、その「中国株二季報」をタダで手に入れる方法をご紹介しましたが、大反響でした。岡三証券グループが立ち上げた中国株証券「岡三オンライン証券」のキャンペーンです。口座開設だけで「中国株二季報」をプレゼントするという発想はなかなか目のつけどころがグッドです。今月末の期限が迫っていますので、ご興味のある方は急がれた方がいいですね。

口座開設はこちらからどうぞ!

先日のブログを読んでいただくと分かりますが、今回の中国株急落は為替相場の動きでなんとなく予見できました。

「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが最近は定着しました。

ますます、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは200パーセント以上と好調です。→株式ランキング

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

中国株の相場が回復し、私の投資実績もまた上向いてきました。本家サイト「ど素人の投資ドットコム」の日記「独り言」に書き込みましたので、ご興味のある方はご覧になってくださいね。

急落したときは売り場ではありません。買い場です。この原則を心に刻んで、私は「放置投資」を突き進みます。

熱烈な応援、お願いしますね。→株式ランキング

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。なんといっても見やすいのが気に入っています。

中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

当ブログのランキング!  を確認してね!素敵なサイトはこちらです!

ど素人の中国株日記
本家サイトはYahoo!Japanの
登録サイトです
2005年8月4日
ど素人の投資ドットコム
ど素人の投資ドットコム

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村
販売開始!中国株二季報
中国株投資家の必需品!


「ウォール街のランダムウォーカー」著者が書き下ろした話題の書「中国株投資の王道」!
最近話題の一冊
月別の過去記事
中国株も買える証券会社
各社に資料請求して好みの口座を開いてくださいね!複数の口座を開いて使い勝手の良い証券会社に絞るのがコツです。

証券会社の比較





外為証拠金取引(FX)
ど素人の外為投資入門

口座開設でキャッシュバック
コストの安さはトップ水準


口座開設でキャッシュバック
CMでおなじみ低コスト口座
 

口座開設でキャッシュバック
相場予測付き老舗口座

無料登録で稼げたPサイト
30万円以上の収入!
ポイントサイトの定番!


毎月10万円以上の収入
急成長のpointサイト!
モッピー | お金がたまるポイントサイト

入金も早い!
会員200万人超の優良サイト
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
携帯からも読めます
QRコード
管理人
ほたる
何不自由ない典型的なお嬢さん育ち。東京都内の三田にある大学卒業後、一転、ある事情で貧乏に。その後、超〜貧乏育ちの夫と結婚。子供を育て会社も経営。経済的自由を求めて中国株や不動産投資にまい進中。性格はいたって真面目。曲がったことは大嫌いな江戸っ子気質。多忙ゆえ、執筆は夫と共同作業。

※当ブログはあくまで個人的な日記です。それゆえ、マスメディアの取材は一切お断わりしております。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
ご注意!
このサイトは投資を勧誘するものではありません。投資にはリスクはつきものです。ですから、投資に当たっては、リスクを理解したうえで、自分のリスク許容度を確認し、ご自分の判断で行ってください。いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

Copyright(C)2004〜
ほたる All rights reserved.