GEM市場

適度な調整は急騰の条件

このところ、中国株市場は足踏み状態が続いています。

私の投資利益も先週末+1100万円でしたが、今日現在は+1120万円。+20万円の微増にとどまっています。

ただ、こうした調整相場は重要です。買う人と売る人がいて、株主の入れ替えが進み、そのうちに売る人が減って買う人が増えていけば、急騰相場が再来するという循環に入ります。→株式ランキング

その逆もありますが、この数年間は中国経済は上昇基調と見ているので、多少の相場の足踏みは気になりません。むしろ、適度な調整こそ、相場の健全なる成長には重要だとさえ感じています。

ところで、私は現在23銘柄という、たくさんの銘柄に投資しています。これは分散投資というよりも、急成長銘柄を絞りきれない私の判断力の弱さから生じた銘柄数なのですが、幸運なことに、どの銘柄も順調に成長しています。

これは銘柄選びの巧みさというものではなく、中国経済、いや多くの中国企業が順調に成長している結果です。ですから、中国株だからこそ、私のような優柔不断な銘柄選びでも儲かっているのだと思っています。

ただ、これだけ保有銘柄が多いと面白いことに気づきます。

それはマネーの流れがよく分かるという点です。→株式ランキング

B株が絶好調だと思ったら、次にGEMが急騰し、そして今度はAH価格差を材料に香港H株が上昇といった具合に、マネーがその時々の流行を追いかけているのが、手に取るように分かります。

こうした流行はグルグル回って、気がついたら、どれも買価より高くなっていたという相場が理想的です。いや、その理想的な展開は現在も続いているし、これから将来も続くという楽観的な投資家が、中国株投資には向いているのかもしれません。→株式ランキング

投資はリスクを取ったものだけが大きく稼げる世界です。ですから、リスクをいかに楽しむかというセンスが大切です。

たとえば、急落する銘柄が発生したとします。相場は上にも下にも行き過ぎますから、下に下げすぎた銘柄はないか?そんな探索が私は大好きです。

相場が軟調になったら、まさに私が大好きな銘柄散歩の始まりまです。逆に、上昇したら、最も退屈な放置投資の継続です。でも、どちらでも楽しいですね。

リスクを楽しめるようになったら、いよいよ本格的な投資家といえるのかもしれません。賛成→株式ランキング

中国株も凄いですが、外貨投資も凄いです!外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して165万円の含み益、利回りは500%以上。FXは投資を始めて1年ほどで500%の利回りですから、これはアンガンや万科企業に匹敵する好調さです。

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

第2の「3200%急騰株」を探せ!夢株購入!

結局、中国本土株の急落は世界同時株安には発展せず、香港市場は急落前の水準に株価を戻しました。

この現象から分かることは、世界のマネーはまだまだ強気であり、買い意欲は旺盛だということです。今後、中国本土株が調子に乗って急騰が続けば、中国当局は株式投資のキャピタルゲイン増税なんぞを持ち出して、再び、市場の冷却化を図るかもしれません。

ですから、中国本土株が緩やかな上昇なら、安心して香港株を購入するという、ちょっと奇妙な投資行動が増えてくるかもしれませんね。

ただ、中国本土の市民だけでなく、世界の投資家も中国株のボラティリティの大きさに魅力を感じてしまったかもしれません。その意味では、今後も株価の急成長を期待して、先日から始めた低位株に夢を乗せた株式投資を続けたいと思います。

これまで、購入した夢株は、北京五輪関連銘柄で中国版「電通」期待の大賀伝媒、中国版「ヤナセ」期待のG.A.ホールディング、中国版「トヨタ」期待の吉利汽車です。

最近、とても驚いたのは蒙古能源 (0276)が1年間で3200パーセントも株価が上昇したということです。10万円が3億200万円になったわけですから、低位株恐るべしです。

そして、本日、私が新たに夢株を仕込みました。中国版「ヤフー」を期待して、チャイナドットコム(中華網・8006)を0.54HKDで購入しました。本日の上昇率は8パーセント。少し動意づいてきたかもしれません。

チャイナドットコムはサーチナによると、「親会社がナスダック上場のChaina.com。1995年にwebhk.comとしてポータル事業を開始し、香港関連のニュース・情報を提供するとともに、香港企業のデータベース及び無料の求人広告、またオンライン・ショッピングなどにも力を入れている」ということです。

PERがまだ4倍という割安感。時価総額も361億円と小さいので、今後に期待したいと思います。

この銘柄は何と言っても企業名がいいですね。「チャイナドットコム」。中国を代表するネット系企業名といえば、これしかないですよね。

中国燃気、中国移動、中国ロ業・・・私が購入し、急騰した銘柄は、どれもナショナルブランド的な企業名です。しかし、こうしたいい加減な購入方法はおススメできません。

私のようなリスク感覚のない投資家の投資法ですから、くれぐれも真似をしないでくださいね。

ここ数日間で私の含み益は、935万円→880万円→921万円と、ジェットコースター状態です。この変動の激しさがいまの中国株の魅力です。

中国株人気は当ブログのランキング順位でも感じます。

きょう現在、利益利益は+938万円。保有銘柄や実績は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載しましたので、ご関心のある方はご覧になってください。→株式ランキング

ところで、中国株も凄いですが、私がもうひとつ実践している外貨投資も凄いです!1年間で投資利回り3倍という状況です。外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して133万円の含み益、利回りは429%。FXは投資を始めて1年ほどで400%の利回りですから、これはアンガンや万科企業をはるかに上回る投資利回りです。

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

今回の中国株急落は極めて重要なことです!

中国当局が印紙税を少しだけ上げると発表したら、中国株は急落しました。とくに本土株が凄い。上海B株は平均9パーセントも急落しました。

ただし、今回の急落はとても重要です。むしろ、中国株投資家にとっては大歓迎すべき急落です。それは安い株価で仕込めるというちっぽけな意味ではなく、中国株全体の健全な成長のためには、早めに経験しなくてはいけない急落でした。

中国当局は、国内に有り余る資金が中国株市場にどんどん流れ込み、しかも普通の市民が株を買ったら儲かるのは当たり前といった気分で、株式投資を経験することに懸念を強めていたに違いありません。

ですから、まずは証券会社に個人投資家の教育を要請し、次に預金準備率を段階的に引き上げ、さらには利上げも実施して、投資家にシグナルを送り続けました。→株式ランキング

しかも、あの世界的な投資家バフェットが中国株の現状に強い懸念を示しても、急落したのは香港市場だけで、本土市場はほとんど反応を見せず、上昇しました。要するに、本土の個人投資家は全く聞く耳を持たないかのように資金を株式市場に放り投げ、中国本土株は急騰する一方でした。

株式投資の最大の教育は何か?それは急落・暴落を経験することです。

損失という痛みを伴わなければ、本当に意味で投資の怖さを理解できませんし、ファンドメンタルズを無視した博打相場は際限なく続きます。

急落のタイミングが遅くなると、株価が上昇した分だけ、個人投資家の傷口を広げます。その意味では、きょうの株価急落はとてもいいタイミングでした。

今後注目すべきは、今回の中国株の急落を受けて、今夜、欧州の株式市場やNY株式市場はどんな反応をするのか?さらに、一夜明けて、日本の株式市場は続落するのか?中国株市場は2日連続で急落相場となるのか?

つまり、中国発の株価急落が2月末のように世界一周し、世界株安を再現するかどうかです。→株式ランキング

私的には、このタイミングで、世界の株式市場が下落することによって、市場が筋肉質になることを期待したいと思います。そして、全力で仕込めるような相場が到来するのかどうか?じっくり観察したいと思います。

中国株人気は当ブログのランキング順位でも感じます。

きょう現在、利益利益は+938万円。保有銘柄や実績は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載しましたので、ご関心のある方はご覧になってください。→株式ランキング

ところで、中国株も凄いですが、私がもうひとつ実践している外貨投資も凄いです!1年間で投資利回り3倍という状況です。外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して133万円の含み益、利回りは429%。FXは投資を始めて1年ほどで400%の利回りですから、これはアンガンや万科企業をはるかに上回る投資利回りです。

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

ど素人の中国株日記
本家サイトはYahoo!Japanの
登録サイトです
2005年8月4日
ど素人の投資ドットコム
ど素人の投資ドットコム

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村
販売開始!中国株二季報
中国株投資家の必需品!


「ウォール街のランダムウォーカー」著者が書き下ろした話題の書「中国株投資の王道」!
最近話題の一冊
月別の過去記事
中国株も買える証券会社
各社に資料請求して好みの口座を開いてくださいね!複数の口座を開いて使い勝手の良い証券会社に絞るのがコツです。

証券会社の比較





外為証拠金取引(FX)
ど素人の外為投資入門

口座開設でキャッシュバック
コストの安さはトップ水準


口座開設でキャッシュバック
CMでおなじみ低コスト口座
 

口座開設でキャッシュバック
相場予測付き老舗口座

無料登録で稼げたPサイト
30万円以上の収入!
ポイントサイトの定番!


毎月10万円以上の収入
急成長のpointサイト!
モッピー | お金がたまるポイントサイト

入金も早い!
会員200万人超の優良サイト
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
携帯からも読めます
QRコード
管理人
ほたる
何不自由ない典型的なお嬢さん育ち。東京都内の三田にある大学卒業後、一転、ある事情で貧乏に。その後、超〜貧乏育ちの夫と結婚。子供を育て会社も経営。経済的自由を求めて中国株や不動産投資にまい進中。性格はいたって真面目。曲がったことは大嫌いな江戸っ子気質。多忙ゆえ、執筆は夫と共同作業。

※当ブログはあくまで個人的な日記です。それゆえ、マスメディアの取材は一切お断わりしております。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
ご注意!
このサイトは投資を勧誘するものではありません。投資にはリスクはつきものです。ですから、投資に当たっては、リスクを理解したうえで、自分のリスク許容度を確認し、ご自分の判断で行ってください。いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

Copyright(C)2004〜
ほたる All rights reserved.