神華能源(シェンファエナジー)

市場心理が好転!香港株が急騰!

ようやく欧米の株式市場が下落しても中国株が急騰する相場が到来しました。私はかねてから4月になると、新たな投資計画に基づく機関投資家の仕込みが始まると見て、この春を楽しみにしていたのですが、3月下旬から市場の空気に微妙な変化が出始めたのかもしれません。

ところで、今週は市場が超弱気のときに、神華能源を29HKD台で仕込みました。ナンピン買いなのですが、配当利回りが5%以上という水準まで株価が低迷していたので、チャンスだと思い、購入した次第です。

運よく、その後、市場が好転し、株価は32HKD台まで急騰したので、やはり買いは暴落時に限ります。暴落はピンチではなくチャンスなのです。

ところで、本日、中国情報局で気になる記事を見つけました。見出しは「李嘉誠が語る投資の極意『PERに注目、無理は禁物』」というもの。

28日付21世紀経済報道によると、長江実業(集団)有限公司(チョンコン)と和記黄埔有限公司(ハチソン・ワンポア)の主席を兼任する李嘉誠氏は27日、2社の業績発表の記者会見で、株式投資で大切なのは「PER(株価収益率)に注目する」、「無理はしないこと」などと述べた。

この記事で、李嘉誠氏は、次のように指摘したとも伝えています。

最も大切なのはPERが高すぎる銘柄には警戒することだ。同市は1989年、日本の証券取引市場ではPERが不合理なまでに高いと判断。1株も買わなかったと述べ、日本の株価は現在も当時の3分の1の水準を回復していないと指摘した。

やはり、常々、私が当ブログで繰り返していた低PERという基準は大切だったと改めて感じます。大投資家になればなるほど、投資の基本に忠実なのかもしれません。

一時的に高値にある銘柄でもPERが100倍を超えるような銘柄は必ず調整が来ることを最近感じている投資家は多いと思います。

「低PER」で、「高配当利回り」という視点を愚直に追求したいと思います。

というわけで、最近、感じる市場の微妙な変化を列挙したいと思います。

 ̄澆どの通貨に対しても強いという局面が微妙に変化。ドルやポンドに対しては買われているが、他の通貨に対しては売られている。

原油先物相場も急落を経験するなど調整気味。

2な討粒式市場が下落しても香港市場は上昇。

こうした微妙な変化は、今後、どんな展開を示唆したものなのか、注視したいと思います。

それでは、みなさん、充実した投資生活をお過ごしください。

FX投資の実践記録はど素人の外為日記をご覧ください。→株式ランキング

今年、北京五輪が開催されるなど人民元に注目が集まるかもしれません。しかも、各国から切り上げ要求の強い人民元は、2008年も上昇期待の強い通貨になりそうです。その人民元に直接投資したい気持ちにも駆られますが、国内に居ながらにして可能な方法があります。

それは外国為替証拠金取引(FX)で人民元に投資する方法です。しかし、人民元を扱っているFX会社は意外に少ないのが実情で、レバレッジを約1倍から200倍まで7種類選択できるかざか証券は、その意味では希少な存在です。

この証券会社はつい最近まで社名を「ライブドア証券」と称していました。この名前だったら、ご存知の方も多いと思います。しかし、例の事件以降、社名も変えて再出発している会社ですが、入金額5万円から取引できるなど、サービス内容は充実しています。

中国株だけでなく、人民元投資に関心のある方はかざか証券で研究してみてくださいね。

注目!】為替相場で稼ぐ外国為替証拠金取引(FX)は、世界のマネーの流れを観察するには、とても勉強になる投資分野です。為替変動で儲けるだけではなく、資源国通貨などで高金利収入を毎日稼ぐのも楽しいものです。しかも、2007年後半、取引手数料を無料にするFX業者が続出しています。

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

大注目!】先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ中国株二季報・春号。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、中国株二季報・春号であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

株価暴落で高利回り銘柄が続出!

円高になっても円安になっても、どちらでも大きく稼げるFX投資に夢中になることができたので、しばらく中国株の株価は無視し、ひたすら下落を待つこともできました。

しかし、中国株も相当、激しく暴落しましたので、昨日あたりから各銘柄の株価をチェックし始めたのですが、驚いたことに配当利回りが5%を超える銘柄がてんこ盛り状態です。

ちなみに、配当利回り5%以上の主な銘柄を列挙したいと思います。これは東洋証券に口座を開いている投資家が利用できるサーチナでスクリーニングしたものです。

セッコウ高速(5.65)、華能電力(5.788)、安徽高速(5.25)、北青伝媒(5.408)、神華能源(5.294)、中海コンテナ(7.617)、首創不動産(5.085)、HSBC(5.813)、中銀香港(5.147)、キャセイ航空(5.607)、香港建設(11.034)、深セン控股(9.719)・・・

これ以外にも沢山ありますので、ご興味のある方は東洋証券に口座を開いて調べてみてください。サーチナのスクリーニングは、時価総額やPERなども調べられるので、局面、局面で銘柄選びにはとても便利です。

ところで、こうした配当利回りは過去の配当で算出したものなので、これからの配当利回りを保証するものではありませんが、総じて成長途上の中国・香港企業は年々、配当が増えているところが多いのが私の経験則です。

配当が増えるに従って株価も上昇しますから、今回のように機関投資家がキャッシュが欲しいがために投売りしたときには、配当が高いのに株価は1年前、2年前という銘柄もあるかもしれないので、探し甲斐があります。

配当利回り5%ということは、10年保有で投資資金の半分を回収できるという計算になります。10年後、株価が半値ということはまずは想定しづらいので、長期投資家にとって、配当は大切なキャッシュフローとなります。

もちろん、私は配当は再投資資金に活用するので、そうすると複利の法則で資産の増え方を鋭角にする武器にもなります。

というわけで、私は現在、そろそろ買いどきが近づいたと判断し、頭を絞って、脂汗をダラダラかいて、投資銘柄を探しています。もちろん、銘柄選びに当たって配当利回りは重要な要素。もうひとつは、いかにも機関投資家が投売りしたとみられるような銘柄も探しています。

個人投資家は、暴落時にこっそり購入し、いずれ機関投資家が買いに入るのをじっと待って、高値で機関投資家に売りさばく。このくらいの気持ちが重要です。機関投資家と同じに動いていたら、きっと餌食になります。要注意ですね。

それでは、みなさん、充実した投資生活をお過ごしください。

FX投資の実践記録はど素人の外為日記をご覧ください。→株式ランキング

今年、北京五輪が開催されるなど人民元に注目が集まるかもしれません。しかも、各国から切り上げ要求の強い人民元は、2008年も上昇期待の強い通貨になりそうです。その人民元に直接投資したい気持ちにも駆られますが、国内に居ながらにして可能な方法があります。

それは外国為替証拠金取引(FX)で人民元に投資する方法です。しかし、人民元を扱っているFX会社は意外に少ないのが実情で、レバレッジを約1倍から200倍まで7種類選択できるかざか証券は、その意味では希少な存在です。

この証券会社はつい最近まで社名を「ライブドア証券」と称していました。この名前だったら、ご存知の方も多いと思います。しかし、例の事件以降、社名も変えて再出発している会社ですが、入金額5万円から取引できるなど、サービス内容は充実しています。

中国株だけでなく、人民元投資に関心のある方はかざか証券で研究してみてくださいね。

注目!】為替相場で稼ぐ外国為替証拠金取引(FX)は、世界のマネーの流れを観察するには、とても勉強になる投資分野です。為替変動で儲けるだけではなく、資源国通貨などで高金利収入を毎日稼ぐのも楽しいものです。しかも、2007年後半、取引手数料を無料にするFX業者が続出しています。

過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

大注目!】先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ中国株二季報・春号。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、中国株二季報・春号であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

ど素人の中国株日記
本家サイトはYahoo!Japanの
登録サイトです
2005年8月4日
ど素人の投資ドットコム
ど素人の投資ドットコム

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村
販売開始!中国株二季報
中国株投資家の必需品!


「ウォール街のランダムウォーカー」著者が書き下ろした話題の書「中国株投資の王道」!
最近話題の一冊
月別の過去記事
中国株も買える証券会社
各社に資料請求して好みの口座を開いてくださいね!複数の口座を開いて使い勝手の良い証券会社に絞るのがコツです。

証券会社の比較





外為証拠金取引(FX)
ど素人の外為投資入門

口座開設でキャッシュバック
コストの安さはトップ水準


口座開設でキャッシュバック
CMでおなじみ低コスト口座
 

口座開設でキャッシュバック
相場予測付き老舗口座

無料登録で稼げたPサイト
30万円以上の収入!
ポイントサイトの定番!


毎月10万円以上の収入
急成長のpointサイト!
モッピー | お金がたまるポイントサイト

入金も早い!
会員200万人超の優良サイト
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
携帯からも読めます
QRコード
管理人
ほたる
何不自由ない典型的なお嬢さん育ち。東京都内の三田にある大学卒業後、一転、ある事情で貧乏に。その後、超〜貧乏育ちの夫と結婚。子供を育て会社も経営。経済的自由を求めて中国株や不動産投資にまい進中。性格はいたって真面目。曲がったことは大嫌いな江戸っ子気質。多忙ゆえ、執筆は夫と共同作業。

※当ブログはあくまで個人的な日記です。それゆえ、マスメディアの取材は一切お断わりしております。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
ご注意!
このサイトは投資を勧誘するものではありません。投資にはリスクはつきものです。ですから、投資に当たっては、リスクを理解したうえで、自分のリスク許容度を確認し、ご自分の判断で行ってください。いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

Copyright(C)2004〜
ほたる All rights reserved.